一生ものの歯を大切に|歯科医院を早期受診して虫歯治療を行う

京都でインプラント治療

先生

インプラント治療を京都で行う際には事前に知っておくべきことがあります。それは、家が近いから等の安易な理由で歯科医院を選んだ場合には治療に失敗する恐れがあるということです。治療を成功させるためにはより信頼できる歯科医院を選ぶ必要があるのです。

More Detail

まだ間に合う歯列矯正

歯を見せている女性

歯列矯正というのは子供のうちからやるものというイメージがありますが、大人になってからでもその治療は遅くはありません。横浜市内でも様々な歯列矯正の治療を受けることが可能です。

More Detail

虫歯に掛かる治療費

医療器具

歯というものは一生ものと呼ばれるほど日常生活において大切なものです。虫歯などになってしまった際には早急な治療が必要なるでしょう。虫歯になってしまった人の中にはまだ少し痛いくらいだからまだ大丈夫と考えている人もいるかと思います。虫歯の症状の段階における費用の違いについて知ることでその考えは変わることでしょう。
歯科医院において虫歯を治療する際に掛かる費用はその治療法や使用する器具によってもちろん変わりますが、虫歯の症状に重さによっての値段変動が大きいものとなっています。まず、保険診療で行える虫歯の治療について知りましょう。保険診療で行える虫歯の治療は虫歯が軽度の症状である必要のものが多くなっています。まず、基本的な治療に小さな虫歯をプラスチック製の詰め物で覆うコンポジットレジン治療と呼ばれるものがあります。この治療は保険診療で約2000円程度の費用で済み、その治療期間も1日と簡単なものとなっています。次に銀歯を詰める治療法です。この治療法は保険診療で約4000円、治療期間は2日必要となります。この治療法も小さな虫歯向けの方法となっています。こういった小さな虫歯を放置していると次第に神経まで虫歯が達し痛みを感じるようになります。また、その痛みを放置することで虫歯は神経の深くまで達しその痛みは強いものとなるでしょう。そうなってしまった際の治療法は抜歯による治療もしくは神経を取り除く治療しかありません。神経を抜く治療法は保険診療で約4000円、治療期間は3日程度とされていますが、完璧に神経を取り除くことは歯科医においても技術が必要で少しでも残った場合には再び治療が必要になります。歯科医院で繰り返し治療を行うことでその治療費はどんどん重なっていくでしょう。抜歯による治療は保険診療内で約3000円、治療期間は3日程度とされますが、抜いたあとの入れ歯や差し歯、インプラントといった治療に高額の費用が掛かってしまいます。特にインプラントは歯1本あたり約15万円から約50万円と大変高額です。こういった点を考えて、虫歯というのは早い段階で歯科医院を受診し治療をしておくべきだといえるでしょう。

インプラント治療の適用条件

診察台

堺市をインプラント治療を受ける際には事前に知っておくべき点があります。それはインプラント治療の適用条件です。この適用条件を満たしていないとこの治療を受けることができない場合があるので確認しておきましょう。

More Detail